くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家創りのはじめのいっぽ

何回も書いてきたことですが、
「家創りのはじめのいっぽ」はとても大切だと思います。

誰と出会うか?!
これはとても重要です。

昨日、年末最後にガソリンスタンドへ行きました。
行きつけのスタンドで、元気の良い青年が今年頑張った愛車の洗車をしてくれました。

その時の会話。
青年
東さんは「木に関する仕事」をしているとおっしゃいましたが、
具体的にはどんな仕事をされているのですが?」

「設計事務所と工務店の営業ですよ。木の家を創っています」
青年
「わぁ~!凄いですね。家は高いのでしょうね」

「はい。住宅ローンを借りて建てるのが大半。
年収の7倍くらいまでは銀行も貸してくれますが、諸条件もあるし、
借りたら返さなくてはいけません。まずは、ライルスタイルの計画からお話ししていきます。あなたは結婚していますか?」
青年
「まだです」

「そう、好きな人が出来て、結婚し、家を建てたいと思ったら、
少しづつでも貯金をしてね。
でも、家を創ることだけが、家族のシワセではないかも。
賃貸のアパートに住んでも、倖せな家族は多くいるでしょうし。
何が倖せのかたちかは、家を創るかどうかとは、別のことかもしれません。
私の仕事は、こんな家創りの「はじめのいっぽ」の話からスタートするのよ」
青年
「凄いですね、カッコイイ!シワセのカタチですか?!」

「そう、倖せのかたち」

自分の息子と同じ年齢位の青年との会話。

私の出来ることで、誰かの役に立つとしたら、これかなと思っています。
「売る・買う・建てる・創る」色んな表現の家。

人生の中で、誰でも一度は考えるかもしれない「我が家計画」

時代がどんどん変化する中、家に関する価値観も変わってくると思います。

来年も、「どんな家を建てたいですか?」の前に「どんな暮らしがしたいのですか?」の話から「はじめのいっぽ」を進めていきたいと思います。
[PR]
by iepro | 2014-12-31 07:48 | 想い