くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

空を見る場所

毎日、仕事に家事に子育てに・・・。
皆さんお忙しい日々だと思います。
「忙しい」の漢字は、心を亡くすと書きます。
これは、ちょっとさびしい表現ですね。

私は、山小屋に暮らし始めてから、よく空を見る様になりました。
特に満月の夜空は、心身共に再生するエネルギーをもらいます。

青空も爽快です。夕焼け空は「今日も一日お疲れ様でした」の気分で。

でも、
「街中ではそんなの無理」かもしれませんね。
近隣の建築物に囲まれ、時間に追われる毎日。

でも、どこかに「空を見る場所」を作りませんか?!

来週見積もり説明をする、N様の土地探しをしている時、
「ここなら、空を見る場所が出来る!」と思いました。
a0156611_9231037.jpg

それは、我が家のバルコニーとイメージが重なったから。
近隣の住宅の窓を気にせず、のんびり本を読む、お酒を飲む、空を見る場所。
a0156611_9235128.jpg

N邸の2階リビングからも、空を独り占めできるスペースが出来るはず!と思いました。
隣のお屋敷の、高い樹木の緑も視線に入れながら。

見積もり金額は、どきどきしますが、完成イメージが湧いているので、そのカタチが早く見たい!のわくわくの方が強いです。

「空を見る場所がある、僕たちの家」
楽しみです。
[PR]
by iepro | 2014-11-18 09:17 | プロデュース