くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

ストロベリースマイルハウスの建築費

昨日は、M邸の建築費見積もり説明でした。

金額に関しては、最初に年収や自己資金、銀行の借入予定額を考慮して、資金計画を立て、予算枠を決めます。
その中で、最大限に設計力が活かされる、施工、仕様などを設計者が考えます。
その図面、仕様書をもとに、施工者は見積もりを開始します。

なので、予算枠から大幅な工事の増額が出ないようにしています。
M邸周辺は地盤が弱いことも、事前にお聞きしていたので、その費用も入れて。
a0156611_933163.jpg

見積もりをしたのは、ツブラホームの岩松さん。
Mファミリーと同じ小川町に住んでいます。
a0156611_9352728.jpg

見積もり内容を確認してもらうための仕様サンプル。
何となくイメージが湧いてくると思います。
今まで、見学会で見てきたのは、全体の雰囲気です。
これからは、ひとつひとつの設備や仕様部材、細かく言えば、コンセントの位置と個数まで決めていきます。

でも、心配、不安は無用です。
ショールームへ行ったり、完成現場を見たりしながら、決め時には、設計コンセプトを基に、コーディネーターも参加してサポートしていきます。

ご主人のご実家がイチゴ農家で、その畑の隣に家を建てます。
a0156611_10122158.jpg

最初は「ストロベリーハウス」と言っていたのですが、Kちゃんが産まれて、
一度も泣いた顔を見たことなく、いつも打ち合わせの時、にこにこ笑顔なので
「ストロベリースマイルハウス」と改名しました。

M邸建築費は納得して頂けたので、次は請負契約、土木工事の現場準備、そして、設備機器の見積もり内容をショールームに行き、確認します。

請負契約工事金額は、あくまでも基本金額です。
軽微な変更や、設備機器の決定はこれからが本番です。
但し、何か金額を上げる時は、何かを下げる意識は大切です。
「あれもこれも」は気づけば、大きな増額に成りかねません。

プラスとマイナスの工事金額を意識しながら打ち合わせは、これからも進んで行きます。

M邸工事請負契約の日は、23日の大安吉日の午前中。

Mご夫妻と空楽のご縁はとても長いです。
どこに建てるか?!で色々悩まれた時期がありました。
でも、空楽の家を建てるという想いを持ち続けて頂けたこと、メンバー全員嬉しく思っています。
本当にありがとうございます。

そして、これからも、よろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2014-11-17 09:50 | 打合せ風景