くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家創りのはじめのいっぽ

家創りを考えているけど、どこからスタートして良いのか?
と、お考えの方は多いと思います。

まずはインターネットで検索?
または、住宅展示場。

悩みますよね、きっと。

私も一軒目の家を建てた時は、色々模索しながら進めました。
25年前位でした、初めての家創りへ夢を膨らませていたのは。

当時は、住宅展示場もそれほど規模は大きくなく、大手のメーカーが立ち並ぶ程度。
豪華でした。
見せる展示場の大きいこと。
自分のサイズではないことは感じていました。金額も広さも。

でも、誰に相談すれば良いのか?どこに行けば、夢がカタチになるのか?
分からないままに、住宅展示場へ行き、名前を書いてからが「さ~大変」

ピンポンとリーンの猛攻撃。
訪問営業と電話営業が続いたのです。

昼間、夜と、熱心という名のしつこい営業マン対応に疲れました。

土地探しから始めたので、情報探しも大変でした。

そんな当時のことを懐かしく思い出します。

家創り体験の成功事例より、失敗談ならいくつでもあります。
家創りを2回、マンションリフォームを2回の経験談は生々しく語れます。

その経験値が、日々の仕事に活かされているのです。

なので、「分からないが、分からない」の気持ちがよく分かります。
ジョークのような表現ですが。
a0156611_9221696.jpg

資料はいろいろ増えてきます。

まずは、土地を探し、買う!為にはどう動いたら良いのか?
自己資金と住宅ローンの考え方、建築費まで意識して全体で考えないと大変なことになります。

土地代が高すぎると、家にかけるお金が少ない。
少ないと、小さく窮屈な家になる。
これでは、残念。

大切なのは、土地と家創りにかかる、全体の資金計画を立てること。
それも、暮らしに無理のない考え方で。

賢く借りて、長く返済。
このメリットも知っておくべきです。

そして、家の設計、施工のパートナーをどうやって探すか?
出会うか?
相談するか?

本来は、土地を探す以前に、このパートナー達と出会っていると心強いです。
そして、夢と希望をどう現実のカタチにしていくかを一緒に考えていくのです。

その時、家創りのはじめのいっぽからサポートしていくのが、私の仕事です。

どんな家創りのサポートをしているかは、空楽HPをご覧ください。(色字クリック)
[PR]
by iepro | 2014-11-07 09:37 | プロデュース