くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

帰る場所

昨日、11月1日大安の日柄の良い日に、H邸の地鎮祭が行われました。
雨の天気予報が、嬉しく外れた曇り空。
a0156611_9563939.jpg

仏前地鎮祭です。
a0156611_9573825.jpg

可愛いお子さん達は、このめでたい日のことを憶えているのでしょうか?
a0156611_9583536.jpg

まだまだ幼いお子さん達が、家が完成して、数年も経つと、私たちのことも記憶から無くなります。
ちょっぴり寂しくもあり、成長が楽しみでもあります。
a0156611_101041.jpg

最後に、ご主人から挨拶。
いつも穏やかなご主人が、更に緊張されて、声が聞き取れないことも。^0^


そして、お坊さんが話された言葉に、涙腺がゆるんでしまいました。
「人にとって帰る場所があるということは大切なことです」
そう
a0156611_1061456.jpg

これから長い月日の中で、ご家族にも色々な事が起こるはず。
どんな時でも「ただいま」と帰る場所がある。家族をおおらかに包み込む空間がある。それを創る。という大切なスタートの日が地鎮祭ですね。

歳を取ると、短い言葉でも感情移入して涙が出ることがあります。
これを、感受性が強いと思っていたのですが、友人曰く、それは「加齢のせい!」とクールに言われました・・・。


奥様のお父様である棟梁が、子や孫の為に仕事人としての集大成の家創りを、これから始めます。

親子の絆を育む家創り。

完成を楽しみに、見守っていきたいです。

H家の皆様
地鎮祭、おめでとうございました。
日々、仕事や子育てにとお忙しいと思いますが、家のカタチが出来上がるのを見て行くことが、疲れを癒すことにもなると思いますよ。

明日の運動会も、晴れると良いですね!
[PR]
by iepro | 2014-11-02 10:12 | 建築日和