くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

休日の過ごし方

家創りの仕事を始めたのが、35歳の時。
まだ、子育てに追われている時代。
自分の家創りが、何も分からないままに超スピードで進んだので、私の体験が誰かの役に立つならの想いで、遅咲きの新人社員に。
子ども達には寂しい思いをさせました。
住宅会社の営業は、土日祭日、夜の業務が普通だったのです。
会社に家庭の事情が言えません。
男女平等が条件で入社したので。
その生活は、今も続いています。今は特に定休日は無いので、打ち合わせがない時間が休める時間。

でも、組織の中での小さな歯車で動くことがなくなり、今はとても恵まれています。
経済的には、非常に不安定です。
請負契約をして頂いて、初めて工務店から報酬が出ます。
住宅会社では、建築費のかなりの額が会社の利益に繋がり、社員への給料として頂いていました。

経済の安定も大切ですが、今の家創りの進め方を、更に充実させて後輩たちに繋いでいきたいと思っています。

そして、最近は、日曜日の休みも時々あります。
土曜、祝日も。

そんな時は、外出せずに、やることがあります。
a0156611_10592614.jpg

一ヶ月ぶりの休日、。カボスの収穫をしました。
もう少し早くしたかったのですが、早朝に出かけ、日が暮れて帰宅の日々が続いていました。
a0156611_1103427.jpg

ほったらかし栽培の無農薬のカボス。
ドレッシングや焼き魚にかけて食べると美味しい初秋の味覚。
a0156611_9471024.jpg

私は、100%果汁ジュースで飲みました。すっぱいけどビタミンCが体中に潤いをくれた感じ。
a0156611_1131778.jpg


そして、想います。

家を創る、建てるのサポートは、自分自身が心豊かでないと出来ないと。

家族の人生が、その家からスタートする。
初めての家創り。
急がせる家創りは、したくありません。

金利や補助金、キャンペーンなどのタイミングはあるかもしれません。

でも、ご家族が、これからの長い人生を育む家創り。
心豊かに、笑顔で暮らせる家創りの時期。

これを、ゆっくりご家族と話し合いながら応援していきたいと思っています。
色んなことを検討して「今」と思う時は、強く後押しします。

休日と言っても、やっぱり頭の片隅に「家創り」の想いがあるので、こんなブログを書いているのだと思います。
[PR]
by iepro | 2014-10-26 11:11 | 楽しみ