くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

暮らしのお金・家のお金

家創りを始めから終わりまで、全体の流れをみながら、暮らし人の立場に近い所でサポートするのが、私の仕事。

でも、家のお金の話だけしても、ちょっと足りない・・・。
と、いつも考えていました。

私が一件目の家を建てる時は、営業マンから、車代も含めて借りましょうか?!と言われビックリしました。
バブルの終わり位の時期で、住宅ローンの基準金利が5,5%の時代。
今では考えられない、数字ですね。

なにが何だか分からないまま、住宅ローンを組みました。
最初は、低めの金利で、5年後にボンと金利の数字が上がるローンを申し込みました。
それは、今考えれば、無謀な計画の住宅ローンの組み方だったのです。

結果は、5年後からの支払いが大変で、生活は貧困状態。

家は新しくても、心はボロボロになりました。

そんな私の失敗は、他の人にはさせたくない!の想いが、建築業界に入るきっかけになったのです。

「売れば良い!」ではく、「暮らし全体に潤いのある家創り」

潤いとは、金銭的にもですが、心身共に豊かになる家創りです。

設計力と施工力に加えて、はじめのいっぽに必要な「暮らしのお金」の話を、先日Oご夫妻へ説明いたしました。
a0156611_15114754.jpg

説明担当は、ファイナンシャルプランナーの万江さん。
彼と私は、「パーソナルすまいりんぐサポート」という業務でペアを組んでいます。
万江さんは暮らしのお金、私は家のお金の話をします。

正直な今の現状をお話しします。
無理な資金計画は、家族の笑顔にはつながらないからです。

そして、ある程度の目安の予算組を理解して頂き、後は家族会議で、「どのくらいの住宅ローンを組むか?」の考えをまとめてもらいます。。

そして、建築費の予算枠を考えて、設計施工内容を打ち合わせをしていきます。
これが無理のない、現実的なお金の話に繋がります。

職業や年収だけで、算出する資金計画は、ちょっと無謀な所もあるはず。
ご家族の成長や、長い人生設計の暮らしのお金と、家のお金。このバランスは大切。

シビアに考えながら、予算枠の中で最大限の夢を現実のカタチにする打ち合わせが出来ること。

これが私と万江さんの願いです。
[PR]
by iepro | 2014-10-14 15:19 | 打合せ風景