くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家創りの展開図

初めて平面図を見た時、皆さんが「わぁ~!」の感激の声を出されます。
そして、初めて展開図を見た時、「はぁ~?」の不安な声を出されます。
はじめてみる展開図。不安というより、分からん!という様子ですかね。
a0156611_2214313.jpg

Sご夫妻への展開図説明2回目。
まずは、外観の窓のイメージなどを再確認しながら図面説明へと移ります。
a0156611_22144714.jpg

この部屋のドアの高さはこれだけ。
この収納庫の中は、こんな仕切りを入れています。
窓は床から何メートル。
と、展開図を見ながら、立体的な寸法の確認をしていきます。
a0156611_22182392.jpg

これが終わると、次は、素材の色、照明の打ち合わせと進んで行きます。
設計者は、素材の質や色、照明のイメージは出来ています。
でも、それを一方的に押し付けるのではなく、コーディネーターと一緒に、考えてもらいます。
ご自分達の家です。考えて悩んで選んだものには、愛着が湧きます。
家が完成してからも、愛おしく思えるはずです。
但し、家の設計コンセプトから、ずれていきそうな時は、上手に軌道修正していきます。
最後の仕上げは設計のプロの仕事です。
[PR]
by iepro | 2014-10-10 22:21 | 建築日和