くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家創り!近くの他人の熱き想い

家創りは、人生の最も大きな家族の合作。至福の空間。
さまざまな想いの中で、家族のカタチをつくること。

先日、建築に深く関わる業者の方から、消費税が上がる前、去年の仕事について本音を聞く機会がありました。

イベントに関わる業者さんで、地鎮祭や上棟式の準備用品をレンタルする会社の方です。
多くの建築会社とお付き合いされています。

「去年は忙しかったでしょう?」と質問すると
「自分の仕事歴の中で一番忙しかったです。」と返事が。
「でしょうね。でも、私は「今でしょう!と急がせたり、あおったりするのは、違うと思うんです。
建て時は、そのご家族によって事情が違うし、消費税がアップしても、それに応じた税制があるはずです。職人の手仕事は突貫工事のように流れ作業は出来ないし、急がせる家創りはしたくないです。」
と話すと
「東さんと出会った人は倖せだと思いますよ。僕は、今回、こんなに若いご家族が家を建てて大丈夫かな?と思う現場の準備を多くしました。きっと何も分からないまま、「家を買う」という衝動行為をしていると、他人ながら不安と心配を感じましたよ」

ということでした。

空楽の家創りは、
遠くの親戚より、近くの他人の熱き想いで、お手伝いしています。

年収と借入可能な最高額だけで、資金計画を立てるのは危険。
人生を楽しむのは家を建てるだけではありません。

家族で旅行を楽しむ、子供の教育費、ご夫妻の仕事も定年まで同じ職場かどうかは確定ではないと思います。ステップアップの転職も。会社の都合の転職も。

さまざまなライフスタイルの変化や、ゆとりもゆっくり考えて、土地選びや家創りには挑んでもらいたい。

と、近くの他人の世話焼きおばさんは、真剣に願います。

急がば、回れ!

来年内に家が完成すれば良いな!と思っている方には、「はじめのいっぽ」から、ゆとりを持ってサポートさせてもらいたいと思っています。

「建て時、創り時は」今だけではありませんよ!

色々な角度から、お話をさせて頂き、私も「建て時」と感じることが出来たら、もちろん、バックアップは、全力で!
[PR]
by iepro | 2014-09-05 08:12 | プロデュース