くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

土地探しは焦らずに!

「今です!」
「買付証明を出しましょう!」
「他に売れるかも」

営業マンの熱心な囲い込みに「条件付きの土地を買いました」
と以前言われた方のお話を聞いてみました。

この辺に住みたいな!と考えていたエリアに分譲地売出しの看板を見つけたJさん。
そこにテントを張って資料を説明して下さる営業マン。熱心なイメージ。
土地代の説明とセット価格の計画資金表を見せてくれました。

そして、「頭金0で、家が建ちます」と言われたそうです。

どんな建物を建てる会社か心配だったけど、近くにある展示場を案内してくれて、とてもカッコ良かったので安心して、土地購入の申し込をしました。

分譲地購入の申し込みまで10日間位だったそうです。

申し込みまでに、その会社の営業マンと話した内容は?と質問すると
家族構成と、ご主人の年収と銀行でいくら位借りれるかの予想金額の話。

条件付分譲地を購入される方の大半は
「この地域に暮らしたい!」の願望が強い方。

私から見ると、切なくなります。
マンションならまだ良いです。地域と広さと価格しか選択肢がないのですから。
もうすでに建っているか、詳細な図面や仕様は整っているはずです。

でも、土地を買う時、展示場はあまり参考にはなりません。
見せる為のものですから。

何回もこの事は、話したり書いたりしても、分譲地展開の住宅会社が多く頑張っているのはニーズがあるからです。

企業としては、優良なはずです。

私がお手伝いしたい家創りは、分譲地の中に立ち並ぶ、同じような外観スタイルのものではありません。

そのご家族だけの暮らしを考えたカタチ。

既製品ではないのです。

想像して下さい。
ユニクロタウンみたいな分譲地を。

デザイナーが設計したカッコイイ家です。
どの家も似てますが、全国規模で部材や仕様を統一しているので、プラモデルを作る感覚で、職人の手間をかけない分、価格は安いです。
みたいな家。

洋服なら、手軽に買えるし、気軽にリサイクルにも出せる。
私も、Tシャツや下着を色違いでまとめ買いをすることもあります。


結論を言えば、Jさんは、その分譲地で建てた家に暮らした後、近くに建った家を見てちょっと後悔したそうです。
近くに建った家とは、空楽が創った家。

「私にもマイホームの家創りには多くの夢があったはず」と。
超スピードで進んで行った家を買う!行為中、オプションという単語に、半分あきらめがあったようです。

暮らし始めて、冷静に自分を見つめることが出来たそうです。

この話は、私が空楽の完成見学会の受付にいた時、近所のJさんが
「見学しても良いですか?もう家は建てたのですが」と来られ中を見学されて、帰り際に話されたことです。

私は、もう暮らしが始まった方には、不安や不満を持って欲しくありません。
「我が家が一番ですよ!日々の楽しい暮らしを工夫して下さいね!」と言って見送りました。


そう、土地探しは焦ってはだめです。
必ず、「ここ!」という場所と巡り合います。

どんな暮らしがしたいのかを、色んな角度でご家族一緒に考えながら、わくわくドキドキのポジティブな気持ちを大切にしましょう!

Iご夫妻へ
a0156611_9513071.jpg

気持ちと体が動き始めましたね。家創りに向かって。
あの周辺で土地を探しましょう!
きっと見つかりますよ。柔軟に焦らずに、そして感性の触覚は研ぎ澄まして!
プロが近くにいます。
ご安心を!
[PR]
by iepro | 2014-08-24 09:53 | 想い