くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

ライフスタイルをイメージする!

家創りのプラン打ち合わせは、土地探しからスタートするとほぼ1年半位はかかります。
最短でも、打ち合わせを始めて引っ越しまでの期間は10か月位かな。

プレハブ等の組み立て式や企画住宅と違うので、現場の手仕事も考えて時間は余裕をもって進めたいものです。

その間に、暮らし人がすること。出来ること。
この最も、大切でこれからの新しいライフスタイルをカタチにするための心構え。

それは、今までの暮らしで不自由、不便だったことをプラスに変えるイメージづくり。
今のままで快適なことは、もちろん継続できるイメージアップ。

具体的に言うと、家事の進め方、個人の時間の持ち方、リサイクルの仕方など。
「家創り」の時期に新しい暮らし方を、きちんとシュミレーション出来ていれば、家の完成時から即、実践できます。

正確には、完成時期よりもっと早い引っ越し準備の時期が重要。

設計の打ち合わせ中は、わくわくドキドキで夢の時間です。
まだ絵の中の世界ですから。
住宅雑誌の中に自分の姿を想像して、楽しんでいる時期かもしれません。

でも、その時に同時進行でやるべきことは、今の暮らしの見直しと新しい暮らしへの準備の意識。

ショールームを見て回るのは楽しいものです。
とにかく、綺麗ですっきりしている雰囲気。
a0156611_756676.jpg

キッチンには鍋も出ていないし、調味料や食材も散乱していない。
a0156611_805037.jpg

トイレに掃除道具やトイレットペーパーのストックもない状態。

今の生活で変えたいこと、ありますか?!
と質問すると、回答で多いのは、キッチン周りの動線、収納。浴室周辺の収納。
「整理・収納」はどこに暮らしても気になるところのようです。

現在の暮らしが、手狭なマンションやご家族との同居という条件も含めての不自由さを解消したいという願望は、皆さん強いです。

そこで、大切なことはライフスタイルシュミレーション。

イメージする!


新しい個体のカタチの家が完成しても、暮らし方を良い方向へとイメージしておかなければ、今までと同じことが起こります。

カッコイイことを書き並べていますが、実は、私自身にいつも問いかけている事なのです。

新築の家創りを2回、マンションのリノベーションを1回経験しても尚、改善出来ていない暮らしの原因は、自分自身を変えていないことにある!を自覚したからです。

今更無理、変わらない、出来ないではない、スキルアップのイメージ。

自分の動きを変えるイメージ。、家族の動きを変えるイメージ。

スポーツ選手が、勝った時、優勝した時のイメージをする。と話しているのをよく聞きます。

私が、初めてお会いしてお聞きすること。

「どんな暮らしをしたいのですか?」

これを原点として、新しい家で素敵な暮らし人になるイメージを!!!
[PR]
by iepro | 2014-08-22 08:13 | ひと