くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

建築費の見積もり説明

私達が家創りで最初に考えるのは「土地の性格」と「家創りの費用」

夢を現実として、「カタチ」にすることの第一歩です。

自由設計という企画仕様を、土地に落とし込んでいく住宅会社のやり方ではありません。

設計事務所が予算枠を大幅に超えるプランを考えるようなやり方でもありません。
見積もりを数社に出させて、プランを重視し、安い金額を出した施工者へ依頼する。
というやり方には「大きな落とし穴」もあるように思います。

大切なのは、設計と施工の両方に精通し、「費用」も意識して進めて行く家創り。
当たり前のようですが、なかなか熊本の家創りで実現していないように感じます。

昨日は、S邸の建築費見積もり説明。
設計者は直理さん。
まずは、暮らす場所となる、敷地の状況を施主と再度確認し合う。
a0156611_9455726.jpg

敷地が広い!のプラスマイナスの部分をきちんと把握しないと、その後の暮らしに影響してきます。
a0156611_948579.jpg

近隣との境界ブロック工事や、家を建てる以前の基礎補強などの工事も建物本体以外に必要となる場合もあります。
外構工事をどの場所まで考えるかなども、建物工事とは別に検討する部分です。
そして
a0156611_9513058.jpg

建築費とその仕様の説明。
a0156611_9581458.jpg

基礎工事のやり方なども写真で確認しながら、見積もり項目の金額説明は進みます。
a0156611_9594946.jpg

人生最大の契約金となるであろう、建築費。
当然、分からない箇所は出てきます。
遠慮なく、質問して頂き、ご納得頂ければ、請負契約へと進みます。

契約後も、予算枠を意識しながら、設備機器、仕様確認などの中で変更は出てきます。

これは当たり前。
でも、変更すれば、オプションで高くなる?の心配はご無用です。

その都度、変更内容を確認し、再度見積もり、増減を確認して、納得されれば実行します。
気がつけば、かなりの予算オーバー。は無いようにしたいものです。

全体の予算枠を最初に資金計画時に決めていきます。
あくまでも、予算枠ですが、私は、「あれもこれも」の追加が出ている時は、一旦クールダウンをお願いすることもあります。

本当に必要なもの?!の冷静な判断を。

大切な優先順位と価格の関係も意識しながら、契約後は工事へと進んで行きます。
[PR]
by iepro | 2014-08-18 10:04 | 打合せ風景