くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

吉田松陰の家創りの考え方

今読んでいる本
a0156611_1747457.jpg

時代のすべての異端児たちへ
「覚悟の磨き方」
超訳 吉田松陰  編訳 池田貴将
発行 サンクチュアリ出版

この本は心・士・志・知・友・死の六つの項目をテーマにして、天才思想家吉田松陰が三十歳で 亡くなるまでの間に、書いた書物や文献の中の言葉を現代文にしたものが書かれている。

その、心の一ページ目の文章

「結果じゃない」
大事なことは
何を、どう手に入れるかではなく
どんな気持ちを感じたいかなのです。
たとえ手に入れたものが、どれだけ美しくて広い家だとしても、
住んでいる人が優しい気持ちになれないのなら、
それは貧しい人生です。

吉田松陰
時代を遡って、話しをしてみたい人のひとりです。
[PR]
by iepro | 2014-08-11 18:03 | ひと