くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

責める!怒る!

家の中が散らかっていると、湧き起こる感情。
それは、片付けが苦手な自分を責める。
散らかした家族を怒る。
気がついたら、自分の顔が「赤鬼」のような状態で、角が伸びているような表情。

これは、私の子育て真っ最中の頃の話。
子供を怒る以前に、自分がかたづけ苦手だったのを棚に上げてのことです。
理論的に、
「なぜ?」「どうして」「こうしたら」「そう、良く出来たわね」などの冷静な会話も無しに
「はやくしなさい!」と声を大きく怒鳴っていたような気がします。

特に家を建ててからは、
「床が傷つくでしょ!」「壁が汚れるでしょ」「下のおばあちゃんたちに聞こえるでしょ」
とせっかくの新居で子供は委縮していた時期がありました。

今頃反省しても、もう遅いのですが、「心のゆとり」が不足していた気がします。

昨日は、「かたづけ上手な美人ママになる方法」と題したミニセミナーをやりました。
a0156611_6411455.jpg

皆さん、子育て真っ最中のママです。
a0156611_6433578.jpg

最初はお子さん達も、聞く体制ではありましたが、その状態は5分と持ちませんでした・・・。
そしてイクメン宮崎さんも参加。
a0156611_6444338.jpg

宮崎さんは男のお子さんふたりなので、女の子はかわいい存在。N家のRちゃんを抱っこ!

セミナーの内容を聞いての私の感想。
「責める、怒る」では美人ママにはなれない。
当たり前のことですが、自己反省も兼ねて実感しています。

ひとりで家事を抱え込まずに、家族参加型にするのは良いと思います。
お子さんにも、ちゃんと理論的に考えてもらうやり方。
孫に実践してみよう!

男女平等に家事育児に参加することは大賛成!だし、して頂きたいのが私の希望。

次は、男性が簡単に出来る料理教室を考えています。

私は家創りを仕事にしていますが、基本は「暮らしを楽しくする」です。

皆さんが、笑顔になるためのちょっとしたアイデアがあれば、何でも企画したくなります。

次は、「料理上手なパパはカッコイイ!!!」を知人の栄養士さんを講師として企画します。
お楽しみに!

出来た料理は、奥さんとお子さん達と一緒に、その会場で食べてもらう。
なかなかナイスの企画です!(自我自賛^0^)
[PR]
by iepro | 2014-08-02 06:55 | ひと