くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

ゆる~く隠す!布

私は不器用ですが、手作りに挑戦するのは好きで、専業主婦、子育て中は、子供の洋服も縫っていた。レザークラフトもセミプロ時代があり、革のカバンも手縫いでつくって売っていた。

そして、布集めが好き。
東南アジア系の手仕事が好き。
いつか、何かに。の想いで買い集めた布が、家創りでカタチになった。

扉をつけずに「ゆる~く隠す!」に役にたっている。
a0156611_9142323.jpg

28年前位に、一軒目のギャラリーショップをオープンするにあたって、京都に視察に行った。
手仕事の工房やギャラリーを見て回った。
その時買った、柿渋の手染めの布。今までテーブルクロスに使っていけど、今はウォーキングクローゼット入り口ののれんにリメイク。
当時、高価だったけど、十分に使って元は取り戻した。
a0156611_9161659.jpg

階段下の収納スペースは、バリ島の手仕事。麻のろーけつ染め。骨董品店で破格の値段でゲット。
これも、タペストリー兼目かくしで楽しんでいる。
a0156611_919628.jpg

テレビにかけているのは、25年位前、東京、六本木の有名デザイナーショップで買った布。高くて1メールしか買えなかった。パリコレで活躍していた時期の布。色違いを2枚。季節で使い分けている。
その後ろは、リサイクルショップで見つけた麻の着物の反物を百均のツッパリ棒で。
a0156611_9271252.jpg

階段にかけているのは、韓国旅行で買ったポジャギ。
これも工芸品店で私の予算外だったけど、単色のシンプルなものが欲しかったので、「一期一会」の思いで。

「布」の使い方はいろいろ。
切って縫って、カタチにしても良いし、金具や竹や木の棒でタペストりーのように使うのも素敵。

何より、簡単に外せるし、気分や季節によって変えることも楽しめる。

創り込むドアやカーテンはプロに相談。「布」使いは我流で楽しむことをおススメします。
[PR]
by iepro | 2014-06-12 09:33 | コーディネート