くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

設計者の力量

家創りの設計者は、作曲家と似ていると、私は思います。
特にオーケストラで演奏する楽曲は、作曲家の力量が問われるはず。

家創りに関わる設計者と称する人たちが、熊本に何人いるのでしょうか?

数十年、住宅関係の仕事で接した設計者の人数は、数え切れません。

一時期、設計事務所や工務店を対象にした、営業コンサルの仕事をしていた時期がありました。

各社で「家創りへの想い」がかなり違います。
もちろん、設計者の質も、力量も。

初めて家創りをする方には、到底、見極めは難しいことです。

もし、縁があって、今決めようとしている設計事務所や住宅会社、工務店があったら、
「設計者と話をしたい」とお願いして下さい。

そして、その方が設計して、暮らしが始まった家を訪問し、ご家族と話をしてみてください。

一生に何回も建てることはないであろう「家」の要になる設計者。
出会いは大事ですね。

そして、そこから始まる現場の手仕事。

工事が始まれば、設計の力量が現場への力量へとつながります。

私の役目は「つくるdeつなぐ」

施主と一緒にその流れを見守ります。
[PR]
by iepro | 2014-05-30 08:20 | 建築家