くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

建築家の家

空楽の設計ボス、若杉さんのアトリエ兼自宅が完成しました。
先日は花見と新築祝いを兼ねての食事。
a0156611_9525575.jpg

江津湖畔に咲く夜桜を、自邸からライトアップ。
何と贅沢な借景でしょう!
a0156611_1032890.jpg

料理は、御船のルアンさんが。
a0156611_10331034.jpg

見た目もきれいで美味しい料理でした。
a0156611_10394963.jpg

若杉さんと仕事をさせて頂いて10年が過ぎました。
住宅会社の企画住宅の図面しか見たことがなかったので、打ち合わせの中で、皆の前で描かれていくパースを最初に見た時は、感動しました。
この方の、頭の中はどういう構造になっているのか?!と。
そして、図面を書いている後姿は、一心不乱に版画を彫る天才版画家棟方志功に似ています。
土地を看て、現地で動き回ってる姿は、刑事コロンボが犯人が分かっていて、その立証材料を確認するために動いているような姿に。
若杉さんには、お客様の情報をお話しして、現地を見て頂きます。
土地を見た時点で、もう設計構想は出来ているはずです。それを確認するように、何度も土地を見に行かれます。

天才派の若杉さんと凡人の私の、共通点を探してみました。
ひとつありました。
若杉さんは、睡眠中にプランが浮かぶことがあるそうです。
そんな時は、起きて枕元で、紙を探しプランを書き出すそうです。
私も、あれこれ仕事の仕組みや企画案が夢か幻かで、夜中にあふれて来て眠らなくなることがあります。
そんな時、無理に寝ようとせずに、起きて考えます。
パソコンに向かったり手帳に書き留めたり。

共通点は、「家創りが大好き」ということでしょうか?!

私も若杉さんも、もうすぐ人生の第二ステージで活躍する時期が来ます。
経験値と、純粋さと、好奇心。
それらを大切にしながら、これからも心地よい家の設計をして頂きたいです。
[PR]
by iepro | 2014-03-29 10:54 | お宅訪問