くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

どこに暮らす?

家創りを語るには、建築地が決まらないと進まない。

その土地の性格を読み取る。
これから、家創りはスタートします。

どんな街中でも、山や海の自然を取り込む場所でも、それぞれ一長一短の性格があります。

そこをカバーして、活かすのが設計者の力。

後は、この土地に暮らしたい!の想いを家族全員で大切にして、カタチにしていく。

土地を購入するのであれば、どれだけの費用がかかるかを冷静に考える。

見えない性格の中に、地盤の問題もある。
地盤調査をしてみて、改良が必要な場合は費用もかかる。

周りに古い擁壁がある場合や、高台、近隣より低い場所なども、施工上の注意点がある。

近隣の環境は、「近所の方に聞いてみる」のストレートなリサーチも大切。

まずは「ここで暮らす?!」と家族の想いがひとつなったら

信頼できる設計のプロに相談すること。

土地契約はその後にお勧めします。

衝動買いは禁物。

一生付き合う環境です。

ひとつ、ひとつ納得して進む。

そして、わくわくする家のカタチを考えていきましょう。

予算と現実も考えながら・・・。
[PR]
by iepro | 2014-02-08 07:23 | 想い