くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

みんなのちから

一軒の家を建てる情熱は、設計からスタートして、外構工事まで、大勢の「みんなのちから」が必要です。
障害物リレーのようなもの。
誰かがバトンを上手に渡さなかったり、次の走者の事を考えずだらだらと走っていては、目標のタイムでゴールは出来ません。
個人力とチーム力の集結力が問われます。

T邸完了検査。
a0156611_8355231.jpg

関わった職人、業者、設計者たちが集合して最終チェック。
a0156611_8371688.jpg

現場は勉強の場へと早変わり。
空楽の施工のボス、直理さんの細かいチェックが、次の技術へと繋がっていく。
a0156611_840780.jpg

設計者の図面を書く力、大工さんの図面を読み取る力、職人さんの段取りを配慮する力、現場監督の全体の流れを見守る力、そして、施主の信頼する力。

みんなの力で、T邸は完成しました。
a0156611_8431948.jpg

そして、最後に庭の植栽工事がこれから始まります。
果実や野菜を育てたいと計画している施主の想いは、暮らす力に繋がっていくはずです。
[PR]
by iepro | 2014-01-30 08:43 | 建築日和