くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

日本の原風景

島根県大田市大森町に行ってきました。
大森町は世界遺産の石見銀山がある所です。
でも、私が行きたかったのは大森町の昔ながらの原風景の町中。
a0156611_1726297.jpg

下水溝にも木が。
a0156611_1937438.jpg

石州瓦の赤い色が新鮮でした。
a0156611_17552711.jpg

この町は景観条例があり、新築の家は建てられません。
コインパーキングもありません。
古い民家を再生しながら、暮らし人の手で進化させている町です。
私が泊まった宿、他郷阿部家は築250年の廃墟を10年の月日をかけて、4期の工事で再生させた家です。
a0156611_17594853.jpg

古い生活道具から家具、食器、など、暮らし全体を原風景に戻して、今の人達が暮らす。
a0156611_1814757.jpg

土間台所も左官職人の手仕事で再生。
若いスタッフが笑顔で仕事をしていました。
a0156611_1843611.jpg

和モダンな家具も似合う空間です。
a0156611_1852523.jpg

阿部家の外壁は左官職人の手仕事。
その横にも
a0156611_1861744.jpg

市の行政事業で再生し、民間に貸すそうです。
本当に大切な建築の歴史です。

私は器季家カフェという築100年の空間を再生したと思っていましたが、この町並みを見て、
そこで暮らす人達の話をお聞きしたら、自分の微力が恥ずかしくなりました。

原風景、昔ながらの暮らしを守ることの大変さ。
町のみんなの力がなくては出来ないことですね。

新築の家創りに関わる仕事の重要性は「繋ぐ家」だと痛感しました。

まだまだ、やらなければいけないこと。
やるべきことがあるように感じた旅でした。

他郷阿部家(色字クリック)
[PR]
by iepro | 2013-12-05 18:11 | 想い