くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

図面を読み取る力

平面図や立面図までなら、理解力も皆さんあるはず。
でも、これが展開図になってくると、私でも理解するまでには時間がかかる。
当たり前ですが、すべての邸別ごとに図面の内容が違う。
特に、展開図になってくると、???からスタートします。
a0156611_23545682.jpg

湖畔近くに建つ終の棲家の打ち合わせ。
模型や図面をもとに、照明や建具の打ち合わせに進んでいます。
展開図を見ながら、棚の高さや幅、窓の位置を確認する。
a0156611_23582196.jpg

S様は一棟目の家は、建売住宅を買った。2棟目は分譲マンションを買った。三棟目が初めて「創る家」
出来たものを買うではなく、白紙の図面から、どんどん描かれる図面へと進化するのを確認して理解することが、ちょっと大変そうです。
でも、我が家創りは自己責任へも繋がります。
図面を理解して、内容を確認し、決定したことが、現場でカタチになっていきます。
家が完成するまで、もう少し、打ち合わせは続きます。

Sさん!
風と光と緑を取り入れた、心地良く暮らす平屋が来春には完成します。
これからも、打ち合わせよろしくお願いいたします。
[PR]
by iepro | 2013-11-29 00:07 | 打合せ風景