くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

生きることで大切なモノ?!

仕事の通勤は車。
お気に入りの音楽をCDで聴くことも出来るけど、ラジオから流れる、ふとした会話や音楽の中に、受け身の感動や出会いがある。

なので、予測なしのラジオ番組を聞くのが楽しみ。
家では聞かない、オペラやクラッシック、たまには童謡や、民話も。

先日のラジオ番組で、「生きることに大切なものは?」という質問があった。
いろんな方の答えが。
「パソコン」「友達」「食料」「携帯電話」「水」・・・。
答えはさまざま。

そして質問者の回答は
「酸素」
この地球で生きていられるのは、酸素があるから。
質問者は物理学者だったような気がする。

かなり、飛躍した回答のようにも思えるが、「酸素」とは、非常に当たり前で、日常で忘れてしまっている存在。

人は呼吸困難になったら、命はなくなる。
でも、そんなこと毎日の生活では考えてはいない。
大切で、忘れている、大きな存在。

家創りにも言えると思った。
何が大切か?!

日光と風と、緑。
これは、設計の前の段階でいつも話していること。

でも、この当たり前で、非常に大切で、人の五感に響くものを、うまく取り入れることの出来ない設計と、最大限に生きる恵みとして、空間設計に取り込み家創り。

どちらが良いのか、答えは分かる。

でも、「わが社の一番」の人工的な性能ばかりに魅かれるのは、きっと、比較するものが体感できていないからだと思う。

実際に暮らす家を体感するのは、非常に良いこと。
住宅展示場では参考にならない。

生きることに大切なものは何か?!

一番、身近な所にあるはずである。
[PR]
by iepro | 2013-11-06 07:09 | 想い