くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

暮らしを想像する。

土地探しからご相談を受けたN様。
初めての面談の時、奥様から
「主人は仕事が忙しくて、なかなか一緒に相談や打ち合わせに来れないかもしれません。
それでも大丈夫でしょうか?」のご相談も。

もちろん大丈夫です。

私と奥様で普段は打ち合わせをして、その結果や質問疑問や、それに対する回答をご主人に確認する。
このやり方で、大丈夫です。これまでも多くの「女子会打ち合わせ」の実績があります。
但し、ここは!という大切な契約や金額、などの意思確認はご夫婦の前でしていきます。

奥様からご相談を受けてから、一緒に土地探しドライブをしたり、「暮らし方の夢」を聞くランチをしていたら、土地が見つかりました。

見つかったというより以前から売りに出ていたのですが、予算が合わない土地だったのです。
資金計画を立てて、ちょっと無理する金額。
でも、これからの暮らし方、親御さんとの関わり方をお聞きするうちに、「いけるかも!」の気持ちから「ここ!」に変わり、「決めましょう!」に変化していきました。

それは、ご夫婦の仕事とお子様との関わり方に深く関係してくることもありました。
「暮らし人」にとって何を優先する場所なのか!をご家族、親御さん達みんなで考えた結果。最初の予算よりはるかに高い土地を買うことに。

土地契約が早々に決まった要因には「ライフスタイルのイメージ」がご夫妻共に固まっていたこともあります。

土地が決まったら、家創りの話も進めて行きましょうね!とNママにはお話ししたのですが、2回目にお会いした時は、もう「ライフスタイルブックを作り始めました」と言われ
先日、土地契約の事前説明の時は素敵なファイルをご持参くださいました。
a0156611_984460.jpg

イメージに近い雑誌の写真と各場所への想いを箇条書きにまとめてあります。
a0156611_992464.jpg

車庫づくりの為に車のサイズもちゃんと資料が。

素敵です!もう「暮らし」がしっかり想像できています。
創造。希望。妄想がしっかりあったから、土地探しも早かったと思います。
少々の予算オーバーでも、それをクリアーするだけの楽しい暮らし方が、Nご夫妻には創造出来ていたのです。

これからの私の役目は、資金計画の修正と、土地契約後、建築家を紹介して、土地を読んでもらい、設計の打ち合わせに進みます。その後は銀行との契約…。と続きます。

ゆっくり、楽しく、確実に「N邸建築プロジェクト」は進んでいます。
[PR]
by iepro | 2013-10-21 09:16 | 想い