くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

仏壇

お盆は、実家に帰り仏壇に手を合わせる。
日本人の暮らしの中に、密着している習慣。
でも、家創りを始める頃は、まだみんな若く、長男でも仏間に関してはピンとこないかと思います。
法事も最近は斎場やお寺で行うケースも多い。
やっとそれを実感している私です。

私は4人姉妹の三女。
十数年前に、手相と姓名判断で「長男星」が出ています。と言われて???。
私、三女だけど・・・。
でした。

それが
今、この仏壇を買い、ご先祖様に手を合わせているのです。
a0156611_742986.jpg

家具調仏壇。椅子と台が収納できます。
このスタイルであれば、フローリングのリビングにも合います。
仏間がなくても大丈夫。

私は、写真を飾るの好きで、ご先祖さまから今の家族、友人達の写真までこの棚に飾っています。

そして、我が家でワイワイと大勢での食事会は閉めれば、本当に家具。
a0156611_7471121.jpg


今は、「跡継ぎ」「仏間」など想像できない方でも、家具調仏壇のことを知っていれば、少しのスペースがあればOK!という対応もありです。
椅子付仏壇のおすすめ理由のひとつは、長い時間の正座から解放されたこと。
法事の時、何十分も正座をするのはとても苦痛でした。(足首を骨折経験者)
でも、今はお坊さんの後ろに、椅子を並べて皆座ります。
お経もゆっくり聞くことが出来ます。

お盆の時期なので、「仏間の考え方は、柔軟に!」をテーマに書いてみました。
[PR]
by iepro | 2013-08-16 07:52 | コーディネート