くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

金額と満足度

「建築費は坪いくらですか?」
住宅展示場を回ってこられた方のご質問はこんな感じで始まる。

私が関わる家創りは、企画住宅のように、基本仕様や施工方法が決まった中でスタートするものではありません。

方眼紙の中に、敷地という輪郭を描き、その中でいかに暮らす方の要望や建築家の力量が活かせるかを描き出す。

そこに重要なのは予算。家にかけることが出来る金額。
もちろん、高いより安く満足する家を建てて欲しいというご希望が多い。

建築家とつくる家は、高くなる。ではない。

予算内でいかに満足度が高い家を創るか!

これは、建築家だけの力ではどうにもならない。
そこに暮らす方の、希望や夢を具体化するためには、そこに住む施主の考え方がとても重要。

何でもかんでも欲しい~!の気持ちでは限られた予算内には収まらない。

何が必要で、何が重要か。

どんなことが楽しくて、なにが快適な空間か?

自分たちの暮らし方をしっかり自分達で把握すること。
そして、納得しながら打ち合わせをして、金額も確認しながら決めていく。

初めての家創りでは、これらのことを自分達で考えて進めるのは至難の業かも。

そこで、プロがチームをつくります。

プロデューサーの私の役目は、予算組み、融資関係の手続きフォロー、進行中の流れをスムーズにする。その他いろいろお世話役。時には保母さんにも。

設計と施工の間には、コーディネーターがスタンバイ。女性目線から設計仕様を決めるアドバイスをしていきます。
a0156611_8513124.jpg

もちろん予算は意識していますので、時にはシビアな発言もあるかもしれません。

最終的に、完成した家への満足度は高く、建築費は予算オーバーにならないように、皆が考えながら進めていきます。

オプション、オプションで、気がつけばかなりの予算オーバーという家創りの仕方はしていません。

「坪単価いくらですか?」
の質問に
「ご予算はいくらですか?」から、具体的な家創りのお話をさせて頂くのが、私のすすめ方です。
金額の額とは関係なく完成した時に「満足度が高い家」をチームで創る自信はあります。
[PR]
by iepro | 2013-08-03 08:35 | 想い