くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家づくり選択の基準

住宅展示場を見て周り、営業マンから「わが社が一番!」の熱いセールストークのシャワーを浴びてこられた方とお会いして感じるのは
「性能、設備知識」が少しついて、性能比較の話から始められます。

建築専門雑誌などを読んでこられる方は、これまで設計した家の写真や模型に興味を持たれ、建築素材や空間設計の話に興味をもたれます。

「買う」OR「つくる」の違いも大きいと思います。

私が関わりたいのは、「つくる家」

以前、知り合いのご夫婦が、家創りの相談にいらっしゃいました。
住宅会社で、自分たちの予算内で一番いろいろつけてくれた〇〇建設に決めようと思っているけど、アドバイスを!ということで。
何がついているかと言うと「今なら床暖房を一部屋にサービスします」です。
営業マンが、建替えの予定の家に来て、敷地をざっと測って、その場で間取り図を書き始めたそうです。
お客様の予算なら、このくらいの間取りになりますね。
と。

ご主人は、基本的にあまり家創りに興味はなく、新しい家になれば良い。程度。
奥様は「何だか不安」

私にできることは何か考えました。
まず家の設計は、営業マンがその場でできるものではないと思っています。
企画住宅を短期間で契約させる手法の会社ならではのやり方。

まさに「売る家」

あまり、ご夫婦を惑わせてもいけないので、

「これからの暮らし方をどう考えていますか?」
「何を重視した空間をつくりたいですか?」
の、宿題を出して、後はご夫婦で考えてください。とお伝えしました。

「つくる家」の場合は、相談にこられる方の意識が、設計から始まります。
こんな家ができるでしょうか?と雑誌の写真を見せてくれたり、ほかと同じ家はいやだという個性を持っていらっしゃいます。
思いをカタチにしたいと!という熱さが伝わります。
当然、初めての家創りであれば不安はいっぱいなはず。
でも、楽しみながら、建築家と家創りの話をしたいと願っている方の家創り。
性能や設備は、暮らす環境に応じて一緒に考えていきます。
これが「つくる家」


選択肢はいろいろ自由です。
大きな会社の自由設計という企画住宅を買うのか
設計事務所で、白紙の状態からその地を読む設計を一緒につくるかは、暮らす方の自由です。
決して、つくる家は建築費が高くなる!はありません。


予算・敷地・家族、いろんな角度から「家創り」を考えてみてください。

「はじめのいっぽ」のご相談はいつでもお気軽に!
[PR]
by iepro | 2013-06-27 08:51 | 想い