くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

営業トーク

住宅会社のスーツにネクタイの男性営業マンと、年の割には少々派手な装いのおばさんの私と、どちらが信頼性があるでしょうか?
普通は前者でしょうね。

でも、55歳のsumai 建築プロデューサーは根拠のない自信家です。
自分の家創りを専業主婦の時経験し、その後、家創りの現場に20年間いるという自信です。

自分が家を建てた後、35歳で初めて就職した住宅会社、住宅建築コンサル会社、性能評価機関、不動産会社と「家を創る」に関わって今があります。

そして、想うのです。

家を建てて暮らしす人達と、家を建てるプロの人達の間にいる私の役目。
それは、双方が「家創り」で幸せになることです。

そこには、その場しのぎの営業トークは出てきません。
誠実一路の本音トークです。
なので、時々ドッキっとされるかもしれませんね。

いつも、どうしたら暮らし人の笑顔が絶えない家創りが出来るか?
どうしたら、設計者や現場で働く皆さんがやりがいのある家創りになるか?
を純粋に考えます。

なので、その場だけの口先営業トークは話せません。

不器用な私です。(色字クリックで、きまま日記)
[PR]
by iepro | 2013-06-19 22:05 | 想い