くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

どんな家をプロデュース?

先日の質問。
「東さんはどんな家をプロデュースするのですか?また、してもらえるのですか?」

そうです。私の仕事は商品があり、それを説明して買ってもらう仕事ではありませんので、理解していただくのはちょっと難しいかもしれません。

簡単に何かに例えるとしたら、身近な保険。
以前は「〇〇保険会社」という単体の保険会社しか窓口がなかったはずです。
でも今は、あなたのライフスタイルに合わせて、保険会社の商品をご提案します。という会社が増えてきました。
保険の規定や会社の運営方法が自由化になったのでしょうか?詳しいことは分かりませんが、とても良いことだと思いました。
自分の生活に合った保険を探してくれる人や会社が出来たのです。
家づくりも、選択肢を広げて、ひとりの窓口の方が親身になって相談に乗ってくれたらどんなに心強いだろうか?がスタートでした。
私自身の初めての家づくりの時に、それを痛切に感じました。
素人が不動産業者と掛け合う、どの銀行が良いのか探す、どの住宅会社が夢をカタチにしてくれる?
と考える時の、一番近くにいるサポーター。

それが私のプロデュースのスタートです。
デザインや性能で言うならば、規格化された性能や仕様はありません。
設計のプロである建築家とじっくり話していただきながら、決めていけば良いのです。
設計打ち合わせで決まったことが、何十枚もの図面となり、現場が稼働していきます。

これを簡素化し、規格化し、提案しやすく買いやすくしたのが、住宅会社です。
デパート内の洋服売り場にも、色々な店が出店していますよね。
高級ブランドから庶民的なものまで。これは全部既製品です。
すでに、サイズとデザインが企画されて売られています。

そうではなく、デザイナーと素材決めから相談して、自分の体形に合った洋服を作ってもらう。
そんな洋服をつくるお手伝いの窓口にいるのが私です。

どんな時に着たい服なのか、予算やデザインの好み等色々お聞きしてから、デザイナーを紹介する。
といったことでしょうか。

田舎暮らしの山小屋のような家に住みたい。木をふんだんに使って。
街中のマンションをリノベーションして今までの暮らしを変えたい。
水回りの使い勝手が悪い。キッチンだけを何とかしたい。
土地から家がして家を建てたい。
コンクリートの箱のような家を建てたい。
親と二世帯住宅を建てたい。
子供たちが自立して、使わない部屋を有効活用したい。

色々家に対する想いや要望、お困りなことをお聞きしながら、この方にはこんなプロデュ―スチームをつくろう!と考えていきます。

自由な発想の元に、住む人が想いや夢をカタチにしていくお手伝いなので、「売り」の商品カタログはありません。
が、個人的にやりたいsumai建築プロデュースは
永い年月を愛おしく楽しむ空間づくり。
光と風と緑がふんだんに取り込まれる設計。
天然の素材力が活かされること。
丁寧な職人力の現場。
住む人がチームの一員となって皆でつくり上げる家づくり。
[PR]
by iepro | 2013-01-08 10:15 | プロデュース