くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家づくりの自己責任

夢の家創りを現実にする場合の要は「建築費と自己資金」
でもデザインや設備仕様は雑誌や情報でどんどん現実から離れることもある。
夢だけが膨らみ過ぎるのだ。

先日聞いた「現場のこぼれ話」
カッコイイ・デザインの家を建てたいとHPから相談が入ったお客様が、夢を色々話された。
でも、実際に用意できるお金は3,000万円。

その中に、設計料も含まれるのか?諸経費は?全体の予算を把握しているのか?
夢や希望を盛り沢山取り入れてほしいと言われる。
設計者が、何社かの施工会社に見積もり依頼をしても、予算内には金額が上がってこない。
その時、どうするか!?

仕様や設備、もちろん設計から再検討する部分が出てくる。
それでも夢は叶えたい!と素人の考えで、施工費を安くする方法を懇願する。
最終的には、希望金額になるような変更とメンテナンス費を含まない金額で施工先を決めた。

この話を聞いた時、「家は今だけのものではない」ということを素人のクライアントは忘れてしまうと痛感した。
今、目の前の建築費が安くなればOKではないはずだけど。目の前しか見えなくなる。
その後は自己責任。
でもそれさえも、数年経つと忘れてしまう。

高い建築費だと良い家が出来る。安い建築費はそれなり。でもない。
表現が難しいけど、ぎりぎりで施工している工務店の経営状況はどうなのだろうか?
何年先もお付き合いできるのか?何かあったら駆けつけてくれるのか?

設計事務所が、数社の施工会社に見積もりを取って、施工先を決めるやり方に色々疑問を持つこともある。
金額だけでは分からない人の手間、先々の関わり方。施工能力。

安い所に頼みますの「自己責任」はお忘れなく!
[PR]
by iepro | 2012-12-04 17:09 | プロデュース