くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家づくりの依頼は縁?!

ラジオの家創り相談番組を聞いて思ったこと。
設計士が熊本弁で分かりやすく話される内容は、本当はとても重要なこと。
住宅展示場で営業マンが「わが社の性能は!」と力説するより奥の深い話。

相談者の内容
「家をこれから建てるのですが、どこに、誰に頼んだら良いのでしょう?」
と漠然と直球の質問。

解答者
「縁ですよ!」
これだけ聞けば、なんて曖昧な答えだと思います。
が、この後の話で、納得というか、私と同じ考えの方と同感しました。

解答者
「家を建てる時は、いろんな思いがあると思います。
それを箇条書きにいっぱい書き留めておくこと。自分も勉強せんといかん・勉強と言っても設計や建築のことではありません。それはプロにはかなわないし、プロの意見をきちんと聞くうえでも、素人のにわか知識は邪魔になることもある。
勉強とは、どんな暮らしがしたいのかを良く考えることです。
そうすると、おのずとそれを設計してくれる人に出会いますよ。要は縁ですな。」

この内容を私なりに表現すると

「自分のこれからの暮らし方を真剣に考え、書き出したり、いろんな家創りを見学したりすると、自然と「感性」が研ぎ澄まされてきます。「家すまん」=はいはい!との愛想だけ良い営業設計士と、本当に自分の想いを理解してくれている設計士か、見極めがついてくるのです。

設計事務所に頼むと高い!の発想ではなく、限られた予算の中で、どれだけのことを具現化して家創りに取り組んでくれるか!がわかってきた時、「ビビッ」と感じる人に出会うということなのです。

この先は、私の家創り相談室に遊びにいらしてください。
ゆっくり珈琲でも飲みながら「はじめのいっぽ」のお話をしましょう!
[PR]
by iepro | 2012-11-30 12:47 | プロデュース