くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

眼力

設計事務所に家創りを頼むと高い!
という常識。
これは当たっているのでしょうか?
私の個人的見解で言わせていただくと、「はずれ」
頼む設計士の力量しだい。
「デザインとコスト」をプランの段階から想定できるキャリアのある人なら、どんどんコストが上がって、気がつくと「オーバーヒート」にはならないはず。
a0156611_854931.jpg

もちろん、私は、最初にお話しします。
「優先順位を決めながら進めて行きましょうね。」と。
やりたい、つけたい、これ欲しい、あれも良い。
欲望と願望と妄想で初めての家創りはスタートするはず。
それを上手にリードしてくれる「プロ達」との出会いをしっかり見極めてほしいものです。

家創りのプロと出会う眼力。

色んな方と話をしてください。
色んな家を見てください。
自分に合った身の丈、身の幅。空間。素材感。

決まった予算でフリーサイズの洋服を買うのは簡単です。
でも、費用があまり変わらなければ、自分の体のサイズ、肌触り、洗濯の仕方、リメイクの仕方など、長く着こなせるように仕立ててくれるデザイナー、縫製者に依頼した方が素敵ではないですか。

家創りもまさに同じ。
「暮らし人」の想いをカタチに出来るプロとの出会いで運命は開けるはずです。

但し、設計士と「暮らし人」の間に立つプロデューサーの存在が要です。^0^
[PR]
by iepro | 2012-09-11 08:24 | 建築家