くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

職人技

設計図が出来上がり、現場の職人たちがそれを読み取りカタチにしていく。
これが毎回決まった仕様、デザインでは無かったら・・・。
新人職人はパニックを起こすだろう。

熟練者は長い年月培った経験から、図面を見て直感で美しものが出来るかどうかを判断できる。

器季家カフェのテーブルの天板は2700もある床板を天板に使う。
なので、足がない。
つくらねば。
a0156611_6484367.jpg

と、御船の林鉄工所へ。
a0156611_65134.jpg

若手の建築家や工務店の要は熟練技を持つ職人の存在です。
[PR]
by iepro | 2011-10-08 06:57 | 打合せ風景