くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

暮らすの場所の三大チェック項目

家を建てよう!と考えて、まず必要なのは建築地。
空中に家は建てられない。川や海の上も。外国では海上の町もありますが。
日本の九州の熊本には、まだまだ土地はいっぱいあります。
が、
自分達家族が暮らす場所となると、悩みます。
住環境。
お子さんがいれば、まずは教育環境。小中学校の9年は長い。どんな場所でその時間を過ごすか?を選択するのは大切だと思います。

実家に土地がある。という条件ならば、少々学校が遠くても、通勤に時間がかかってもそれはそれで乗り越えるだけの大切なものがあります。
時代の継承、家族の絆など。

何にもしがらみのない条件の中で、暮らす場所を探す時の三大チェック項目。

①敷地の全面道路の幅。
道路に面している敷地の幅、そして前面道路の幅。これは大事。
毎日の車の出し入れ、車の離合時のストレスなど。
敷地内の駐車場のとり方にも影響します。

②日当たり
自然の風と光と緑。人工的な空調設備がいらない状況で快適な生活が出来るかの想像。
これは、建築家も一緒に考えてもらいます。

③近隣の状況
近くにカラオケや工場など音の問題や、車の塗装屋などの塗料の匂いなど、現地周辺を確認してみて分かることがある。
もちろん、学校までの距離もチェック。


不動産会社の物件概要に記入されていないこと。
これを一緒に確認しながら、「家族の笑顔」が想像できる場所が見つかれば、次のステップへ進みましょう!
[PR]
by iepro | 2011-08-08 11:31 | プロデュース