くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

建築地を探す時に考えること。

自分の経験からの言葉。
建築地を探す時は、その地で暮らすイメージが湧くか?が一番。
たとえば、家族が笑顔でその場所で暮らしている様子が想像できるか?!
抽象的ですが、「イメージ」と「気」は大事。

不動産業者の説明は「物件概要のみ」その土地の性格を知る。という情報は得ることができます。
でも、
その土地にどんな家を建て、どんな暮らし方をして、長い年月の流れをその地で楽しみながら暮らしていく。
これは、当事者しか考えることは出来ません。
家族の成長と共に、家族構成は変わっていきます。
最初はご夫婦二人、そしてお子さんが産まれ、二人の家族が、三人、四人と増えていく。
最初から、二世帯同居もあるでしょうし、後に片親になった高齢者と同居になる予定もあるかもしれません。
そして、子供も独立して、親もパートナーも他界したらひとり暮らしになる。
そんな、流動的な家族構成の中で、各人が自分の未来予想図を描いてみてほしいのです。
それが、今検討中の土地で実際のカタチとして描けることが、土地の決定要因。

広さや価格の問題はそのライフスタイルによって、異なります。

ご家族でよく話し合ってほしいのは、
「どんな暮らし方をしたいのか?」です。
ご夫婦ともに仕事が忙しく、植栽の手入れは苦手という方々に、広い庭はストレスの原因になるかもしれません。
定年後、緑の中に暮らしたい、家庭菜園をしたいと考えている方にはそれなりの広さがないと夢は叶わないかもしれませんね。

そして、全体の予算も考慮しながら、建築地は探しましょう!
土地代に予算をとられて、建築費が少なくなるのは問題です。


自分たちのライフスタイルに応じた建築地を探しましょう!
[PR]
by iepro | 2011-06-12 20:59 | プロデュース