くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

質or量の家創り

先日、ある住宅会社にお勤めの女性が、家創り相談室に。
もちろん、自分の家創りの相談ではありません。
今の住宅会社の経営方針について行くのに限界!というお悩みの相談。
私からすれば
「お金か自分の心の充実か!?」の二者択一しかないでしょう!と言う結論です。
雇用条件をお聞きすると、独身女性がひとりで生活するには不足ではないお給料だと思います。

仕事の内容がひどい。
家創りに関して正常な感覚を持っている方なら、耐えられない内情です。

私の結論。
「終わりのいっぽ」をお勧めしました。
次の就職先も勝手にアドバイス。
本来なら私が「うちにいらっしゃい」と言ってあげたいところですが、独立独歩で利益優先の仕事をしていないのが現状です。
まだまだ力がありません。
社員雇用の目標は1年先くらいでしょうか。(次の世代の育成の意味で)

でも、私の想いと同等な熱さを持ったプロデューサー志願者はいるのかな?

とにかく質より量の家創りは施主がかわいそう。
何十年も住宅ローンを払いながら家族を守る家づくり。

ベルトコンベアーに乗せた流れ作業のような家創りには賛成できません。
[PR]
by iepro | 2011-05-19 21:58 | ひと