くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

バランスの良い家づくり

性能評価をする職場にいた時代の面白い本当の話。
新築の家の図面を仕様も含めて評価するのが設計評価です。
その当時、図面を持ち込まれたAさんの家のプランに対して評価員の建築士は
「この窓の開口では構造の安定では等級1ですね。等級を上げたかったら、もっと窓を小さくして下さい。」

私は会社側の立場でこのやり取りを聞いていましたが、個人的感情は別にありました。

そして
Aさんは
「僕はこの窓で良いです。日がさんさんと入るリビングが僕の理想だったのです。あれやこれや構造やその他の評価の数字の高さより、心地良き空間を優先します。戦車のような性能武装した家じゃなくて良いです」
と言って帰られました。

実は私もAさんと同感だったのです。

高気密高断熱の家。
体に優しいエコな家。
見栄えのデザインが斬新な家。
大手の建築会社の家。
昔ながらの職人大工さんが自ら設計施工する家。
有名建築家の設計した家。
コストの安い家。
〇〇の家。

いろんな家創りがありますし、こだわりや売りも多い中で何を重視するか?!

大切なのはデザイン・設計・施工のバランスだと思います。

昨日の打ち合わせ。
a0156611_10453157.jpg

体に優しい家にするには?
耐震性の高い家づくりとは?
断熱性、機密性を高めるには?

家づくりに楽しみと期待と不安を持つご家族に
ひとつひとつ分かりやすく説明してくれた直理さんに感謝します。
[PR]
by iepro | 2011-03-14 10:49 | 打合せ風景