くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

子供の勉強机

新入学の用意で、今ランドセルや勉強机が売れている時期なのだろう。

そこで考える。
勉強机は子供部屋に必ず必要か?

昨日のT邸打ち合わせ。
三浦善次郎事務所の風景。
いつも微笑ましい。
a0156611_818216.jpg

お父さんが仕事中、お子さん達は勉強やお絵かきに夢中。
皆が一枚のカウンターの机で繋がっている。
そして
家づくりの打ち合わせ。
a0156611_820945.jpg

詳細な高さや幅や位置が分かる展開図を見ながら確認していく。
a0156611_821386.jpg

その横で
今度はお母さんとTファミリーのH君が三浦ファミリーの一員のように遊んでいる。
a0156611_8235056.jpg


孤立した子供部屋の勉強机へに座るより
個人を意識する年代まで、家族の繋がりを楽しく持つ一枚のカウンター机が、
いろんな意味で、大切な気がする。

リビングに多目的カウンター机設ける。簡単に組み立てたものでも良い。
それだけで、家族の繋がる場所が見えてくる気がする。
もちろん、ダイニングテーブルでも良い。少し広めの。

「勉強は子供部屋の勉強机でする」
という固定観念を一度崩してみては?!
のご提案。

私の記憶では小学校を卒業する頃まで、母が商売の経理をする横で宿題をするのが一番気持ちが落ち着いた。
子供部屋にこもるようになったのは、中学校の後半から勉強せずに雑誌や音楽に興味を持ち出してから。

子供の個室も、勉強机も本当に必要か?
必要なのはいつ頃からか?
ご夫婦で話し合ってみる春の季節です・・・。
[PR]
by iepro | 2011-02-27 08:29 | 打合せ風景