くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

もらい泣き

私が土地探しからスタートする場合、かなり感情移入します。
それは、ご家族の暮らしを考えて。
これから3年5年先のことを想像したり、小さいお子さんがいらしたら、その子ども達が、ひとりでも遊びまわれる環境か?
ランドセルをしょって部活を終えて、夜歩いても帰ることができる周辺状況か?
いろいろ考えるので、早々高点数の土地は見つかりません。

でも、最終的にはご家族が「自分たちの暮らしをイメージできるか?」ですが。

昨日の打ち合わせ。
打合せというより、売り土地の状況判断を建築士に相談。
a0156611_7491547.jpg

まずは皆で土地の再確認。
設計する上での長所、短所も確認。

そして
a0156611_7501683.jpg

その土地を活かした設計プランを見せてもらう。

数日前に土地を見て欲しいと相談をして、まさかプラン提案までとは想像していなかったTママは泣き出されました。うれし泣きです。夢が現実になるスタートを感じられたのでしょう。
私ももらい泣き。
気持ちが充分に分かるから。(私の勝手な思い込みですが)

ご主人は仕事で、奥様は結婚で、親戚も居ない熊本の地に家を建てようと考えたことは、不安も夢もどちらも大きかったと思います。

誰に相談しようか?
どこからスタートしようか?
いろんな情報を収集してこられたと思います。

でも、現実にいっぽ前進するために必要なのは「信頼」

ご縁があって、今お付き合いをさせていただいています。
ご安心下さい。
T邸プロジェクトチームはもう出来ています。
これからも長いお付き合いができるように頑張ります。

まずは来週、不動産業者に会いにいきましょう。
1歩づつ、ひとつづつ前向きに・・・。
[PR]
by iepro | 2010-11-21 07:59 | プロデュース