くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

図面に感激、そして

A邸は二世帯住宅。
ここまでのご縁はこのA家のお嫁さん、Mさんが繋いで下さいました。
マタニティーファッションとは思えない、お洒落な装いのMさん。
a0156611_6275326.jpg

昨年の5月「相談に行っても良いですか?」の電話がスタートです。
「主人の実家の庭に家が建てられないでしょうか?」
の質問に
「不可能はありませんが、実際現地を拝見して、専門家の意見を聞いてみませんか!」
が私の答えでした。
Mさん覚えていますか?
初夏の昼間に若杉さん、宮崎さんと私、庭の測量にお邪魔しましたね。
あの日は暑かった!
そして
素敵なご主人を紹介してくださり、一緒に家を見学しながら、具体的な話が進んでいきましたね。
敷地を有効活用した方が良いと、
ご両親のご協力もあり、完全分離の二世帯住宅が建ち始めました。
a0156611_6335893.jpg

現場でなけば分からないことも沢山あります。
図面には数字で表示してありますが、実際、カウンターの高さや浴室の広さ、
タタミの間にどれくらい光が入るのか?など
建築中の工程によって、分かってくる箇所を確認していきます。
a0156611_6371858.jpg

ご主人のひと言
「最初図面やパースで感激しました。本当にこんな家が建つのかと!
そして、現場でこの空間を感じて更に感動しています。」
A邸のチーム全員が喜ぶお言葉です。

そして、家の完成と同時期に第二子が誕生するA家。
来年初春はおめでた続きです。
[PR]
by iepro | 2010-11-02 06:41 | 打合せ風景