くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

感性に魅かれ合う家づくり

私が高校生の頃からイラストレーターとして活躍して、今尚現役で可愛い絵や文章で楽しませてくれる大橋歩さん。
a0156611_10182211.jpg

年齢70歳。すごい!精神・感性年齢はきっと何十歳も若いはず。
彼女の書いた本は何冊も持っている。
十数年前に書いたキッチン道具の本や生活術の本。
時が経ってもちっとも古く感じない。
考え方やモノをみる目が私と近い。(妄想癖のある私は、勝手にそう思っている)
なので、先日彼女にお会いした時もフレンドリーに話しかけた。
私以外の人は遠慮して離れた所で眺めていたのに・・・。
a0156611_1024342.jpg

「大橋歩の生活術」という本の中の彼女の言葉を抜粋します。

50万円ぐらいするエルメスのバックをいくつも持っている友人がいます。
見せてもらったけど素敵でした。
でも、私は買いたい手に入れたいと思わなかったのでした。
好きなものって人それぞれです。

この考えもまったく私と同じ。流行や人が持っている、高価なものという理由と「自分が好き」とは違います。

器から家具、料理に到るまで色んな写真や文章で楽しませてくれる本の中で、自邸を設計してくれた建築家のことが書いてありました。
建築家とは永田昌民氏のことです。
彼女が永田氏のことを
「私は、永田さんの住宅づくりが好きです。
とてもシンプルだけど、なんともいえず、優しい家なのです」と書いています。
偶然にも
「大きな暮らしができる小さな家」というタイトルで永田氏が書いたほんの中でも大橋歩さんの家づくりへの思いを書いたページを見つけました。

人の好み・感性・こだわりはそれぞれです。
家づくりのパートナー探しは、暮らし方に大きな影響を与えてくれる大切な人選びです。

住建築プロデューサーとしては、家をつくりたいご家族と建てる側のプロ達が魅かれ合う縁をつくりたいと思います。

(単純に私が大橋歩さんが好きで、永田昌民さんの家が好き。を書きました。これを感性のわ!と言います)
[PR]
by iepro | 2010-08-22 11:01 | ひと