くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

初心忘れるべからず

昨日は、来週土地契約をされるTご夫妻と事前に契約内容、重要事項の書類内容の説明を聞きました。
特に、難しい問題のある土地でもなかったのでスムーズに進みました。
と言っても2時間はかかった。
でもこれが大切です。

ぶっつけ本番で、初めての不動産契約の内容を説明されても、何がなんだかちんぷんかんぷん。
なのに実印を押さなければいけない。
これはとても厳しい状況です。
私が担当する場合は、事前説明は必ずお願いします。
なかには、不機嫌になられる業者さんもいらっしゃいます。めんどくさいのでしょうね。
そういう方を見ると「初心に戻って欲しい」と心でつぶやきます。
バブル時代に不動産業を始めた方や、分譲地販売が専門の方は特に手抜きが多い。
こういうことを書くので嫌われ役になることがしばしば。

でも良いのです。買主が安心して進んでいける道標になればと思っています。

今回の土地購入に関しては、とても仕事を丁寧にされる方だったので安心です。
大手の都市開発の会社を退職されて、現在不動産業をされている方。
会社にお勤めの時代は、クレーム処理の統括だったそうです。
マンション、分譲住宅建設などの過大な開発業務から体調を崩したこともあったそうです。

住宅産業はクレーム産業とも言います。
特に住宅は「人の手」がつくるものです。
色々問題もでることがあります。
でもその時、誠意を持ってスピーディーに対応していく。
その動きが、ピンチをチャンスに変えて、更にお客様と信頼関係を築くことになる。

「慣れと感とこなす」仕事になっていないか?

昨日の社長のお話を聞いて私も「初心忘れるべからず」を自分につぶやきました。
[PR]
by iepro | 2010-07-09 07:53 | 想い