くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

自己確認

相談室に来てくださった方に雑誌や本をお貸しする時、
ページをめくりながら、気になったところ、好き!と感じる家、心地良いと思う庭、好きな素材の風合いなど付箋をしてみて下さい。
とお話します。

これは硬く表現すると「自己確認」
やさしく言うと「感性度チェック」

建築家と設計打合せを始めるとき、「言葉ではうまく表現できないあなたの感性や希望」を事前にまとめておくのに役に立つことです。

でも、そのチェックはどんどん変化することもあります。

なぜなら、最初はまだ実際の我が家創りと結びつきません。
まだ、実感が湧かないのです。本当に家を建てるのか!

だから大きな範囲で自己確認しても大丈夫。

建築地が決まり、建築家が決まり、予算と夢を同じスタートラインにするまでは、楽しみながらファイルをしたり、本を眺めたりしていてください。

適設適地で、その近隣の環境や風景にも見合った家を建築家は考えて設計してくれるはず。
その時、自分軸を持って会話が出来るようにするための感性磨きをしておいて下さい。

但し
建築家は、あなたの言うとおりに家を提案しないかもしれません。
そこにはプロとしての想いがあります。

「プロとしての想いとは?」

これは、実際にお会いした方に説明しています。
[PR]
by iepro | 2010-06-15 19:33 | プロデュース