くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

設計をする人

家づくりに関わる最初の大きな存在。
建築士。
資格をとれば、設計事務所は開けます。

ここで「最近聞いた本当の話」

築5年目の家の奥様と私との玄関先での会話。


「外観のデザインがお洒落で素敵ですね」

奥様
「ありがとうございます」


「ハウスメーカーではないでしょ。どちらの設計事務所ですか?」

奥様
「それが!施工した工務店はつぶれたし、設計した人の名前も良く憶えていません。主人の知り合いの紹介だったのですが、私がお願いした間取りを図面にしただけなので、設計したといえるのかどうか?
収納なんて、ビックリですよ。布団が入らないのです。
何回も聞きました。この幅で本当に布団がちゃんとは入りますか?と。
建築士の人は、はい大丈夫です。の返事。
そして、結果は入らないのです。折り曲げて押し込んでいる状態。」


「そうですか。素人の奥様でも不安に思う図面を書く「設計する人」の質を問いますね。
もし、今後メンテナンスで不安なことがあったらご相談下さい。お力になりますよ」

奥様
「ありがとうございます。」

たった3分ぐらいの会話ですが、
私は「設計する人」との出会いや縁は大切だな!
とあらためて感じました。

デパートのように多くの商品、ブランド店から何かを選ぶようなやり方ではなく、「設計する人」の質の高い方との縁組を今後もコツコツやっていきたい。
[PR]
by iepro | 2010-04-03 09:24 | 建築家