くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

暑中お見舞い申し上げます

毎日暑いですね〜💦
私もパソコンも猛暑でバテ気味。

パソコンは、ネットが繋がりません繋がりません😩

修理に持って行くという行動も暑くて止まっています。

しばらくブログは夏休みに入ります。

皆さまも、熱中症にお気をつけ下さいね🤣

[PR]
# by iepro | 2017-07-29 17:27

私が好きな布モノ

先日、「家づくりのはじめのいっぽ」のご相談を受けたTさんから
「私の好きなモノ」の写真が色々送られてきて、楽しく拝見しております。

家を建てる!=暮らしを楽しむ
なので、小物や家具も大切な存在。

そこで、私も「私の好きな布モノ」を紹介します。

基本、インテリアに使う布モノは、綿か、麻。
洋服と同じです。
夏用の黄色いストールは、奈良の蚊帳用の織り方。綿で汗を吸収します。
冬は左端の紫のフェルトのストールも。リバーシブルで裏はグレー。
パリコレのデザイナーにも素材を提供された事がある作家さんの作品。

ファッション用として買った大判ストールを、インテリアにも使います。
a0156611_19413811.jpg

ベネトンの真っ赤な布のソファーに合わせれば、黒、グレー系が多い。
a0156611_194381.jpg

並べた半分は大判ストール。
a0156611_19434973.jpg

首にまかない時は、ソファーのアクセントに。
クッションのカバーの様に、巻いたりします。
玄関には
a0156611_19451446.jpg

布のステンドグラスとも言われる、韓国のポシャギ。素材は麻。
在日韓国人の親友が案内役で観光旅行に行った時、工芸品店で買いました。
少々値は張りましたが、とても気にっています。
他にも、染色家の作品のれんもあります。

夏場は引き戸を開けっぱなしにして、のれんで視線を遮り、風を入れる工夫もします。

そして
a0156611_19505352.jpg

タペストリーにする布モノ。
バリ島の染物から、沖縄の紅型作家のモダンアート。
季節の和タオル。

その時々で、暮らしを楽しむ布たち。

基本、「和」が好きで、作家や職人の手仕事が好きです。

これから、家を建てる人、リノベーションをする人、単に模様替えをする人。

たかが布、されど布です。

色々、演出を楽しんでくださいね。
[PR]
# by iepro | 2017-07-18 19:56 | コーディネート

借景と配置で快適に暮らす家・見積もり編

変形したり、高低差のある土地でも、設計力で敷地のどこに家を配置するか!によって、快適性は違ってきます。

K邸用地は、周りが住宅に囲まれ、敷地内に少々の高低差があります。
そして、南側の半分位が公園に隣接しています。

この土地をみた建築職人、若杉さんは言いました。

「簡単に設計しやすそうな土地だけど、結構難しい。
どの部屋からも近隣の視線を遮り、最大限に借景を取り入れる設計配置。
これが重要なんだよ」と。

そして、先日はその工事見積もり説明の日。

わくわくから、どきどきに変わる日です。
a0156611_12511797.jpg

ドアや造作家具の寸法が分かる展開図。
a0156611_12521476.jpg

仕上げのイメージも、施工写真の事例をみながら説明。
a0156611_1354462.jpg

そして、見積もりをした施工担当者ツブラホームの坂本さから契約後の準備の話を聞き、
a0156611_1255463.jpg

現場プロデュースの川端さんに、工事見積もり金額の説明をしてもらいました。

「借景と配置で快適に暮らす家」の見積もり説明、第一回目は終了です。

後は、資料や資金計画、図面を確認しながら、ご家族で検討です。

一生に何回と建てることのない家。
確認、検討、悩んで決定の繰り返し。

私の感想は、ご家族の要望が各所に取り入れられたプランと、納得の金額でした。

後は、ご夫妻の「GO」サインを頂くまで、待ちます。
[PR]
# by iepro | 2017-07-15 12:58 | 打合せ風景

時を繋ぐてしごと

私は、人の手でコツコツと創り上げるものに魅かれます。

それは創るそのものに魅かれると同時に、創り人にも。

カタチが先か、創り手が先かはその時次第。

特に器が好きで、陶芸家とのご縁は多いです。

直感で「好き」と感じるものに出会った時、その後ろに佇む作家とも縁を感じます。

伝統工芸品の小代焼の一先窯の山口夫妻。
a0156611_19203989.jpg

作陶展のご案内を頂き、下通りのツタヤ二階へ。
a0156611_19215056.jpg

小代焼???
と思うような作風の器が並んでいます。
a0156611_19224299.jpg

黒マット仕上げの器が並んでいました。
a0156611_19235027.jpg

白マットの丸ぽちゃの片口ポットも。
a0156611_1924366.jpg

奥様は、ポップな金入りの器を今回は製作。
a0156611_19253845.jpg

伝統工芸品として工芸館などに並んでいるのは、手前と右側の皿の釉のような器。

でも、山口夫妻は先代たちの作り繋いできた作風から進化させたいと試行錯誤の途中。

ブランドとは、伝統を重んじて、その上で進化させていく過程に熟成された形として現すもの。
と、私は思っています。

「時を繋ぐてしごと」を応援し隊の隊員の私は、このご夫妻の伝統と進化をいつも楽しみに眺めています。

日常器として、楽しく使いたい器たちです。
[PR]
# by iepro | 2017-07-12 19:32 | 想い

家づくり・夢と現実の着地点

初めて家創り。
夢は広がり、わくわく。
でも、現実にどのくらいのお金がかかるのだろうか?
の不安も、どきどき。

私が、始めにご提案するのは「今」の生活を崩さず支払える住宅ローンの話から。
もちろん現金で払う!でもOKですが
住宅取得控除などの節税も利用しない手はありません。
「お金のプロ」の意見も聞いてもらいます。

そして
設計プランが確定したら、工事の見積もりをしてもらいます。
施工担当者に。

仕様設備や仕上げ材などは、設計者が予算を把握したうえで、大幅なずれがないように指示します。
a0156611_8514781.jpg

そして、設計プランを再度確認しながら工事金見積もりの説明に進みます。

全体的な資金計画を大幅にずれがない場合は、「請負契約」に進みます。
建てることを、依頼する、請けるの意思表示です。

これからが、また打ち合わせのセカンドステージ。
夢ではなく、現実的な細かい箇所までの確認、決定の繰り返し。

「何が何だかわからないうちに、家が完成していた!」という淋しい結果にならないように。

プロが提案する、設計施工。
最終的には、そこで暮らす施主が「決定者」として家創りは進めていきます。
「お任せの家」は、皆にとって淋しい事なのです。

自分達で、考え、悩み、決めていく過程で、愛着もわき、責任も感じ、末永い家族の棲家という意識が強まります。

それが、大事。
[PR]
# by iepro | 2017-07-09 08:57 | 想い